fbpx

True Colors DANCE

レイチェル・スターリット (イギリス) The Concert 2022

レイチェル・スターリット (イギリス)

「私は言葉よりも音楽、特にジャズを通してコミュニケーションができると感じています。それは、ジャズはグループで即興演奏ができるからです。それに、とても自然発生的で、ストレスが軽くなります」(出典)

レイチェル・スターリットは2006年に10歳でピアノをはじめました。王立ウェールズ音楽演劇大学での授業を通してピアニストとして腕に磨きをかけ、即興演奏が得意なジャズピアニストとして高い評価を得ています。

レイチェルは、大学院生として音楽の研究を続けると同時に、地元やイギリス全土のコンテストで息を飲むようなパフォーマンスを行っています。2021年にはアレックス・グッドイヤー(ドラムス)とクレム・セイナー(ダブルベース) を迎えた彼女自身のジャズ・トリオでブレコン・ジャズ・フェスティバルに出演し、ジャズ専門の音楽評論サイト「ザ・ジャズマン」から賞賛されました。「…私にとって特に印象的だったのは、スターリットがグランドピアノの楽器としての可能性を意のままに引き出していたことです。そのアプローチは、ほとんどオーケストラを思わせるものでした」 (出典)

Artist

True Colors Festival

歌や音楽、ダンスなど、私たちの身近にあるパフォーミングアーツ。

障害や性、世代、言語、国籍など、個性豊かなアーティストがまぜこぜになると何が起こるのか。

そのどきどきをアーティストも観客もいっしょになって楽しむのが、True Colors Festival(トゥルー・カラーズ・フェスティバル)です。

居心地のいい社会にむけて、まずは楽しむことから始めませんか。

Meet The Family(TCFファミリーの素顔):佐々木紀子

ページトップ