fbpx

True Colors THEATER

TRUE COLORS FILM FESTIVAL 2021

Dec / 3-12

テーマは「Perspectives/ 視点」この映画祭は変化と共にあるこの時代に、違和感と向き合い、これまで良しとしてきた物事を問い直す機会となることを目指します。

パンデミックの下で過ごした期間は、あなたの人生にどんな変化をもたらしたでしょうか?
何を手放し、どんなことが大切になりましたか?どんな思い出が生まれましたか?これまでの日常が完全に変わってしまったこの二年間を、次の世代にどう伝えていきたいですか?

本年度のプログラムは、長編・短編作品を合わせた28本を予定。
“盲ろうの俳優”を初めて起用し2021年アカデミー賞にノミネートもされた『Feeling Through』。2014年アカデミー賞短編実写映画賞受賞、天国を信じない病状末期の少年・アルフレッドを主人公に描かれた、美しく感動的な短編映画『Helium』。2017年のアカデミー賞 短編映画賞を受賞、国内外映画祭でも25賞受賞及び8賞ノミネートされた、耳の聞こえない6才の少女が手話を学ぶことで新しい世界への扉を開く『The Silent Child』。
日本からは本年のニューヨーク映画賞を受賞、ロンドン・ファッション映画祭のオフィシャル・セレクションにも選ばれたオリジナル・ドキュメンタリー『対話する衣服』と、著名アーティストの作品も手がける“ろう”の写真家・齋藤陽道が、嫌いだった「うた」と出会うための記録を辿ったドキュメンタリー『うたのはじまり』など河合宏樹監督による2作品。父の再婚を祝うために実家に戻った娘を待っていた“花嫁”はなんと父親だった…!?独特の視点で多様性を描いたふくだももこ監督の短編『父の結婚』。メディアアーティストの落合陽一が監督し身体の多様性に呼応する装いのあり方を捉えた短編『The Future Now! ダイバーシティ・ファッション』など。
いずれも観る人の視点と目線を広げることを重要なテーマに添えた、合計12カ国から集まった珠玉の作品群が上映されます。

フェスティバルの初日12月3日は、国際障害者デー(IDPD)でもあります。この映画祭と通して多くの方々とこの日を祝えることを願っています。

TRUE COLORS FILM FESTIVAL 2021

2021年12月3日〜12日

料金
無料
  • 日本語(一部除く)・英語字幕あり

  • Feeling Throughに日本語・英語の音声ガイド版あり

TRUE COLORS FILM FESTIVAL 2021 予告動画

長編作品一覧

FAQ:長編作品の視聴

短編作品一覧

特別上映

配信地域

True Colors Film Festivalは12月3日から12月12日まで、アジア・太平洋地域の一部の国でオンラインストリーミング配信されます。

配信地域の地理的制限(ジオ・ブロッキング)について
True Colors Film Festivalでは、配信上映の国や地域の限定について、他のオンライン映画祭の主催者と協力しています。これは、映画の権利と収益の可能性を保護するためのものです。私たちは権利所有者の要請に応じて、一部の国や地域では映画の公開を制限し、他の国や地域ではアクセスを許可するジオ・ブロッキングの技術を使用しています。
これはオンライン上の観客に映画の無料および無制限の上映を提供し、権利所有者のビジネスに悪影響を与えないようするためのものです。

長編映画
The Projector Plusからストリーミングで鑑賞できます。
The Projector Plusのアカウント作成が必要です。アカウントは、こちらから作成いただけます。FAQを参考にお作りください。
鑑賞できる国や地域は以下になります。
アフガニスタン、オーストラリア、バーレーン、バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、キプロス、フィジー、香港、インド、インドネシア、イラン、イラク、日本、ヨルダン、カザフスタン、キリバス、クウェート、キルギス、ラオス、レバノン、マレーシア、モルディブ、マーシャル諸島、ミクロネシア、モンゴル、ミャンマー、ナウル、ネパール、ニュージーランド、オマーン。パキスタン、パラオ、パプアニューギニア、フィリピン、カタール、大韓民国、サモア、サウジアラビア、シンガポール、ソロモン諸島、スリランカ、シリア、台湾、タジキスタン、タイ、東ティモール、トンガ、トルコ、トルクメニスタン、ツバル、アラブ首長国連邦、ウズベキスタン、バヌアツ、ベトナム、イエメン。

短編映画
中国、キューバ、香港、インドネシア、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、スーダン、シリア・アラブ共和国を除く、世界各地から動画共有サイト「Vimeo」(12月3日公開予定)を通じて鑑賞できます。

Credits

制作 テオ・スエレン、サリナ・サハリ
エグゼクティブ・プロデューサー オードリー・ペレラ
制作(日本) 佐々木紀子、浦谷晃代
予告映像制作 アンドレ・チョン
広報 Light Years Comm
企画 True Colors Festival
主催 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
パートナー  The Projector PlusOur Better WorldWe Care Film Fest

Meet The Family(TCFファミリーの素顔):タン・ビー・ティアム

True Colors Film Festival シンガポールPRチーム

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ