fbpx

第4回アドバイザリーパネル ヒアリング vol.1(2021年3月)

新型コロナウイルス感染拡大を受け、True Colors Festivalで予定していた全プログラムの中止を報告した第3回ミーティングから、1年が経ちました。その後、オンラインでいくつかのイベントを開催。感染防止対策を行いながら、中止したいくつかのイベントを再開しています。今回は、アドバイザリーパネルの皆さんに、オンラインで歩んだ1年をご報告するともに、コロナ禍でそれぞれの活動にどのような変化があったのか、どのような工夫をされているのか、お話を伺いました。

  • 伊敷政英

    伊敷政英

    いま、視覚障害者が不便に感じていること。アクセシビリティコンサルタント・伊敷政英さんと、視覚障害者がいま感じていることに目を向ける

    インタビュー

  • ジュリア・オルソン

    逆境に直面しても前向きに。ひとりひとりがひとりを導くには。車椅子ユーザージュリア・オルソンさんと考える、パフォーミングアートの役割

    インタビュー

  • 加藤悠二

    家族の目を気にして、家からはオンラインイベントに参加できない人もいる。ゲイ・アクティビスト加藤悠二さんと考える、コロナ禍でのコミュニティのあり方

    インタビュー

  • 杉山文野

    杉山文野

    2日間で44万人が視聴した「TRP2020 #おうちでプライド」。共同代表・杉山文野さんと考える、オンラインでの戦い方

    インタビュー

  • 林建太

    林建太

    急いで言葉にしないほうがいいのかもしれない。「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」林健太さんが、コロナ禍のなかで考えていること

    インタビュー

  • 廣川麻子

    廣川麻子

    オンライン配信での聴覚障害者に向けた工夫と気遣い。シアター・アクセシビリティ・ネットワーク廣川麻子さんと考える、配信環境の新基準

    インタビュー

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ