fbpx

voice

Meet The Family(TCFファミリーの素顔):かんばらけんた

  • Share on facebook
  • Email
  • Share on twitter
  • Share on what's up
  • Share on LINE
2021年7月30日

【Meet The Family(TCFファミリーの素顔)】True Colors CIRCUSやミュージックビデオ「You Gotta Be」などに登場いただいた車椅子パフォーマー・かんばらけんたさんに、ご自身のパフォーマンスや、今後の活動について伺いました。

True Colors DANCE ~No Limits~
True Colors CIRCUS:SLOW CIRCUS PROJECT「T∞KY∞(トーキョー)~虫のいい話~」
ミュージックビデオ「You Gotta Be」

Q:ダンス/エアリアル・パフォーマンスを始めたきっかけは何ですか?

テレビのニュースで紹介されていたカッコいい車椅子に乗りたいと思ったのが始まりです。ちょうど、ソーシャルサーカスに取り組む「SLOW LABEL」が、その車椅子に乗るパフォーマーを募集していて、そこに応募したのを皮切りに、初めてステージに出演しました。その後SLOW LABELのプロデューサーから紹介されて、エアリアル・パフォーマンスを始めました。初めてエアリアルに挑戦した時に、安定して逆さになれたり、手だけで登っていけたので、自分の身体の特徴が活かせると実感がありました。

「SLOW MOVEMENT -Next Stage Showcase-」(主催:スロームーブメント実行委員会)の様子。舞台上でパフォーマーと両手をつなぎ、逆さまで宙吊りになるかんばらさん 撮影:Kazue Kawase

SLOW MOVEMENT -Next Stage Showcase-」(主催:スロームーブメント実行委員会)の様子。舞台上でパフォーマーと両手をつなぎ、逆さまで宙吊りになるかんばらさん 撮影:Kazue Kawase

Q: パフォーマーとしてのキャリアの初期段階で直面した課題は何ですか?

初めて人前でソロを踊ったのが日本武道館だったんです。場所に負けて、自分の考えていた振付が踊れず、ボロボロでした。それを克服するために、人前で踊る機会を沢山作ろうと決意しました。自己紹介でも踊ったりして、とにかく人前で踊る機会を無理やり作っていきました。するとだんだんと自分のやりたいことがステージ上で表現できるようになりました。

Q: これまでのキャリアの中でのハイライトは何ですか?

リオパラリンピックの閉会式での出演です。何万人の歓声により、地面が揺れ、空気が震えていました。

Q: True Colors Festivalのイベントにも数多く参加いただいていますね。印象に残っているショーを教えてください。

「True Colors CIRCUS」の公演は、パンデミックの影響で1年延期になり、無観客の映像収録にはなってしまいましたが、ステージに立てるだけで幸せでした。いつの日か、この作品をお客さんにも生で見てほしいです。今年6月に公開されたミュージックビデオ「You Gotta Be」では、世界各地の方とコラボできて、すごく光栄でした。普段の生活風景も撮影しましたが、子供が生まれて2ヶ月くらいの際に撮影したので、個人的にも特別な映像になりました。自分が出ていないイベントも、魅力的な方が出演していて、お客さんとしても楽しみにしています!

Q: ダンサー、表現者として、現在はどのようなことに取り組んでいますか?

コロナの影響でステージ出演は減っています。その代わりに映像出演が増えて、映像のなかで魅力的に見えるダンスは何かということに向き合っています。また学校などでも授業をさせていただく機会があります。最初は壁がありますが、パフォーマンスすることで一気に壁が無くなって友達になる感じはパフォーマンスのチカラを感じます。

Q: 今後の目標ややってみたいことについて教えてください。

もっとダンスのスキルを上げ、自分の新しい動きをみつけたいです。

「True Colors CIRCUS」リハーサル風景。かんばらさんが車椅子の手すりに掴まって足をあげ、体全体を空中に持ち上げている。撮影:冨田了平

「True Colors CIRCUS」リハーサル風景。かんばらさんが車椅子の手すりに掴まって足をあげ、体全体を空中に持ち上げている。撮影:冨田了平

Q: True Colors Festivalは多様性とインクルージョンを称える舞台芸術祭として、「One World One Family(世界は一つの家族)」というキーワードでPRを行なっています。かんばらさんの考える「ワン・ワールド・ワン・ファミリー」について教えてください。

困っている人がいれば助け、助けられた人が別の方を助けるような社会が「ワン・ワールド・ワン・ファミリー」と思います。それは障害があるからでは無く、車椅子の僕自身も困っている方がいれば、助けるようにしていきたいです。

かんばらけんた
車椅子ダンサー、サーカスパフォーマー
車椅子の上での逆立ちなど、上半身を最大限に生かした技が特徴。二分脊椎症という障害をもって生まれる。2019年に韓国で開催された国際障害者ダンスフェスティバル「KIADA 2019」にソロ出演。OnlineCircus Japan Festival 2021で視聴者投票で決まるエスパース賞を受賞。TV CMの出演や学校での講演も行っている。

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ