fbpx

True Colors FASHION

ここね x kotohayokozawa

ここね x kotohayokozawa

身の回りにあるものを組み合わせて作る「kotohayokozawa」のものづくりと、障害のあるここねさんの母による車椅子の装飾が組み合わさり生まれた家族のブリコラージュ。身体に縫い目があたらないポリエステルにプリーツ加工を施すことで、装着した人の体にほどよく寄りそい、座ったままでも立ってもフィットして着られるデザインが実現。ランウェイを歩くのは、ここねとその車椅子を押す姉のねね。ファッションブランドと家族の思いが呼応することで、感覚や即興性を重視することで生まれた、私的なアダプティブファッションの可能性がひらかれる。

バックステージ・インタビューBy 落合陽一

  • 日英字幕アイコン 日英字幕
  • 手話通訳アイコン 手話通訳

生活と装いから生まれる多様性とブリコラージュ

出演:横澤琴葉(kotohayokozawa)/ 五十嵐ここね・ねね・純子

音声ガイドアイコン 音声ガイド

音声ガイドやファッション実況「ファッショニスタがお送りするオーディオガイド」をご利用の方は、
ノーカット版をご利用ください。

プロフィール

  • 【FASHION】
    横澤 琴葉

    kotohayokozawaデザイナー。1991年名古屋生まれ。名古屋市内の高校のファッション科を卒業後、エスモード東京校に入学。卒業後は大手アパレルにデザイナーとして勤務しながら、ファッションデザイン学校「ここのがっこう」に通う。退職後、エスモードAMIでブランド運営を学び、2015年3月にkotohayokozawaをスタート。2020年(第38回)毎日ファッション大賞(毎日新聞社主催・経済産業省後援)の受賞。

    kotohayokozawa

  • 【MODEL】
    五十嵐 ここね

    2006年3月14日生まれ。15歳。
    筑波大学附属病院にて、1166gの極低体重出生児で生まれる。
    重度の脳性麻痺(生後3ヶ月の身体能力)と、難病West症候群というてんかんを患う。2歳半で、母子通園の療育センターへ通い、4歳で地域の私立保育園に入園。その後、地域の知肢併設特別支援学校へ入学。現在は、高校は肢体不自由特別支援学校へ。視力は弱く、30センチ範囲程度。言語能力はなく、喃語のみ。夢は、ハイファッションから、古着まで着こなせる個性派モデルです。

  • 五十嵐 純子

    料理家。自宅で料理教室や、その他のワークショップ開催。
    長女を妊娠してから、子宮頸がんが見つかり、治療後完治。しかし、治療が原因で、次女を20週で破水し、2ヶ月入院。27週で次女を出産。
    重度の脳性麻痺とてんかんを患う次女の、育児書のない子育てで引きこもり悩む。次女が支援学校に入学を機に、2012年筑波大学附属病院内で患者会を発足。「小児患者保護者のおしゃべり会」代表。主に、NICUや小児病棟、在宅で過ごす病気や障がいのある子どもの子育てや生活の悩みついてや、地域や社会とこつながりを求める活動をしている。UNIQLOのキッズ前開きインナーとロンパースを家族会でモニターを務め、昨年発売された。

    五十嵐 純子 Instagram

    五十嵐 純子 BLOG

  • 【MODEL】
    五十嵐 ねね

    2004年7月生まれ。16歳。高校2年生。
    趣味は、10年続けているクラシックバレエと、毎日のお弁当作り。KPOPとファッションが大好きだけど、お小遣いがないので、洋服はお母さんと共有しています。

大都会の屋外で

SOCIAL WORKEEERZ / True Colors DANCE出演者

NAGA

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ