fbpx

voice

みんなでやるのが一番いいよ

ピアニスト/ True Colors JAZZゲスト・アーティスト

紀平凱成

  • Share on facebook
  • Email
  • Share on twitter
  • Share on what's up
  • Share on LINE

「True Colors JAZZ」のライブでは、『Route66』の演奏が楽しかったです。ブルース&ブギーのイメージが浮かんできて、楽しい音楽を感じて、ワクワクしながら演奏できました。僕はソロで大好きなニコライ・カプースチンの『24のプレリュード 11番』と『冗談』の2曲を弾きました。『冗談』が一番好きです。カプースチンの曲は、色んな音楽が混ざってすごくワクワクするんです。色んな音符がたくさん並んで、楽譜がきれいだからです。

松永さんとピアノを二人で即興で弾いた時には、やる気がわいてきてもう1曲弾きたい気持ちになりました。松永さんにお願いして、即興でもう1曲弾いたら、すごくワクワクして、もっともっと弾きたくなりました。
今回ソロだけじゃなくて、初めて他の楽器の人と演奏しました。ベース、ドラム、色んな楽器がソロを回して、すごく面白かったしみんな楽しそうだった。一人で弾くより、みんなでやるのが一番いいよ。ナカタニさんのドラムはカホンの音がして、デレックさんのベースはおなかにぐっときた。リズムが楽しかったです。

これからは、オーケストラやビッグバンドとのセッションがしたいです。沢山曲をつくって、CDにして沢山の人に届けたい。
僕がつくった曲で、世界中の人を感動させたいです。

紀平凱成オフィシャルサイト
True Colors JAZZ

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ